<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
entries.
comments.
categories.
archives.
about.
MOBILE
qrcode
other.
<< パワースポット : main : 一年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
自信と誇りと 笑顔
フィギアスケート男子 高橋大輔のフリーの演技を見ていて思った事。

自分に自信を持って
誇りを持って
他に負けないようにではなく
自分らしく
なにより彼は 本当に誰よりも楽しそうに滑っていたと思う

あの滑っている時の笑顔には嘘は無く
自然に笑みがほころぶ笑顔と同類のものだったと思う

少なくとも私にはそう感じたの。

そんな風に花屋として在りたい って心の底から思った。


***


花屋としての仕事をしているのが楽しくて仕方が無い
一番素敵だと思える花屋で働いていたい
自然にもう満面の笑顔が出ちゃうような
そしてお客さんも仕事相手も一緒に楽しくなるような
わたしの幸せだと感じる気持ちが自然に伝わるような
あの花屋に行けば幸せになるといわれるような

そんな花屋になりたい。


いま私はホテルでも楽しくて仕方が無いの!
毎日仕事していても嫌じゃないと胸はって言える。
帰りたくないもん
休みは欲しいけど休みたくないもん(休み取ってるけど)
本当に楽しくて仕方が無いんだ!

アイロニーだって帰る時に明日も来れたらいいのになーって
ホテルが週5が減っちゃうのは嫌だけどアイロニーも週5来たいなーって
同じ一日を違う場所でもう一度過ごしたいなーって
よくわからない 架空の非現実を願ってみたり。


・・・でも、
いつまで続いてくれるのかな(笑)
この楽しい!!!!って気持ちは。

それを考えるとちょっと恐いけど
きっと一度は必ず、 花屋なんて、、もうやだ、、、って思う日が来るかもしれないじゃない
好きで仕事していて楽しい事だけだなんて夢物語だって
そう言うじゃない。

だから恐い。

けど 私はやっぱり いつも笑っていたいから
嘘ものの笑顔じゃなくて、自然の笑顔を持っていたいから

この花屋でよかったと言ってもらえるような花屋になるの

勝ち負けじゃなくて 実力を出し切って満足感でガッツポーズを取って泣いちゃうくらい
真剣に花屋という職で生きてくんだもん わたし。


: 花に想いを : 00:47 : comments(0) :
スポンサーサイト
: - : 00:47 : - :









http://ikuxx0122.jugem.jp/trackback/90