<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
comments.
categories.
archives.
about.
MOBILE
qrcode
other.
<< 手紙 : main : アリス* >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
太陽 と 星 と 
太陽を浴びれる事をこんなにも幸せな事だと感じることは 今まで生きていてなかったと思う

一人暮らしをして5年目、
いままで家を探す時に一番の条件に入れていたのは「南向き」という条件。
太陽の光を感じて朝を迎えたいじゃない。

でもここ何ヶ月か、太陽の光を見ずに日々を過ごすことが多くて 感覚が麻痺してしまいそう
週2のお休みの日は外に出て、太陽をふんだんに浴びることに幸せを感じる。

昨日はなんともいえずきれいな快晴のお天気
太陽の光を浴びている花や葉っぱがあんなにも活き活きとしていることに感動した
なによりも お花が楽しそう。
ひとつひとつのお花に対して 今日は本当に天気がいいね と微笑むことの出来る環境が素敵だなあ、と。

人にももちろん太陽は大切。
SFCの鴨池でねっころがって ぼけーっとしていた時間がなつかしい・・
鴨池には 本当に 言葉では説明出来ない、神秘的な自然の力があると思う。

自然の力ってものすごく神秘的 だけど それを当たり前のものとして捉えてはいけないんじゃないかと思う
当たり前にそこにあるからこそ 大切にしていかないといけないわ。

オリオン座流星群がさわがれているけれど 私は流れ星見えなかった。
でも すっごくきれいなきれいなオリオン座が見えたことで私は幸せ。

オリオン座は、わたしの大好きな星座。
高校生の頃から夜家に帰る時はいつも空を見て歩いていた
お月さまと星がいつも自分を見てくれているような気がして安心したの

自然の力って本当に言葉には説明出来なくて、
例えば山登りがどうして私はしたくなるのかと言うと なにか すごく 安心するから。
登っている間、いろんなことを考える。
不安な事や 迷ってる事。 自分がどうしたいのか。
山の道のりを歩きながら 自分のこれからの将来にむけても 一生懸命に歩くの
そして 道が開けたとき
頂上についたとき、

あ わたし 大丈夫だ。

って なにか言葉では説明出来ないけど、安心するの。
いつかは道が開けるから って山が教えてくれるの

山に登りに行きたい!

: ふとものおもいにふけるとき : 23:40 : comments(0) :
スポンサーサイト
: - : 23:40 : - :









http://ikuxx0122.jugem.jp/trackback/81