<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
entries.
comments.
categories.
archives.
about.
MOBILE
qrcode
other.
<< 気分転換 : main : ロマンスカーで箱根へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
「いちごはいちご」
最近 2週間程前から花に対する向き合う姿勢が変わった

それは別になにか特別なきっかけがあったわけでもない
何か特別なことがあったわけではないの
ただ
ほんとに一瞬の瞬間で人を好きだと感じるように ふっと 花を好きだと感じたの

バラの日記を書いた前からかな

花を見てるだけで
花を触ってるだけで
花を切る時も 束ねる時も 渡す時も もちろん仕事柄、捨てる時も
いつでも
その花とちゃんと向き合いたいって思うの

今年の七夕にお願いした願い事がしっかり叶ってきている。

ここ数年 毎年おんなじことをお願いしていた
口にしていたのは違う内容だけど 実は心の中ではたった一つのことしか願ってなかったの
叶う事はなかったけれど
こんなにずっと変わらず想い続ける先には何があるのだろう
そうずっと想っていた
でも 今年は相手が花に変わった。




題名の「いちごはいちご」という歌
私が花に対して悩んでいたこと それをふっと越えた事 
そして今は花がとても愛らしいと思えるようになった事を話していたとき
友達に教えてもらったの
昔の教育テレビの歌

ショートケーキの上のいちごになりたいと思って育ったいちごがジャムになってうふって笑う歌

花も同じ。

もしかしたら違う所に行きたかったかもしれない
うちの仕事場のような地下じゃなくて空気のきれいな太陽のあたる花屋にいきたかったかもしれない
短く切られるよりも大きな花束に入りたかったかもしれない

そんなのわからないじゃない
だって私はアナタじゃないもの

だから
その場に来てしまったとしても それでも その花が嬉しいと幸せだと思ってくれるように
花を扱う側もちゃんと花と向き合わなきゃ

今はそう感じてる

だから 先はまだまだ まだまだまだ。
がんばらなきゃ。

: 花に想いを : 23:02 : comments(0) :
スポンサーサイト
: - : 23:02 : - :









http://ikuxx0122.jugem.jp/trackback/73