<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
entries.
comments.
categories.
archives.
about.
MOBILE
qrcode
other.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
同業者にも恥じないように
店舗に異動になって、早くも一週間がたって、
ホテルでそれなりの花束を作ってた私は、
店に立っても普通に仕事が出来るとわかって安心。。

でも、やっぱしホテルで作っていた花束は、
店売りの値段よりも安く設定して計算していたし、
(店をかまえてないからね。)
そのうえホテルからのサービスとして値段よりも常に多め、
ってこともあって、
店で作るのよりもだいぶん大きい。
そして花も豪華。

だから初めて店舗で花束をたのまれたときは、
こんだけの花じゃ作れないし!!
と思ってはいたけれども、
そこからがスタッフ一人一人の技術に関わってくるところ。

値段が低いのであれば、
安くてボリュームのでる花を選ぶ

グリーンを入れる値段がないのであれば、葉のついている花を選ぶ

何を重視しているのかを、
お客さまと会話しながらくみとっていく。

今までのホテルは、とりあえず花はいくらでもあるんだから、
好きなように、自分のデザインで、
素敵なものを、
って感じだったけれども。

店は売上があるからね。

でもまだホテルのくせでサービスする傾向があります、わたし。。

***

昨日は、花屋さんがガーベラを買い占めにいらっしゃって、
たぶん店にガーベラがなくなってしまったのだろうけど、
その対応をしていて、
「相手も花屋だ」という意識が働くあまり、
なんかいつもよりも緊張してしまって
ただ包装紙に包むだけなのにどぎまぎしてしまった。。

同業者にも恥じない仕事をできるようになるまでは
まだまだです。。

: 仕事 : 16:46 : comments(1) :
一年
 久しく何も書いていなかったのは
特になにもなかったわけじゃなくて

去年からの1年で なにか私の中から大切ななにかが
徐々に薄れて消えてしまいそうになっていたものを
取り戻そうとしていたから

私のなかで大切な一部のものが
花屋という仕事をやりくりすることを一番に考え過ぎて
後回しにされて
そして 徐々に薄れていってた。ような気がする。

でも
ホテルで1年働いて
そしてまた新しい場所に移ることになって
あと数日しかこの場所にいれない。。
そう思うと自然に涙があふれてくる
わたしまだここで何も納得いくまでできてない。

今日の仕事で作った装花を納品するとき、
自分の背丈とおなじくらいの大きさのある装花を真正面から眺めて、
「ああ、わたし、こんなの作れるようになったんじゃん」
そう考えただけで 泣いた

ここまで作れるようになったのは、
私ががんばったなんて理由はちっぽけにすぎなくて
たくさんたくさん教えてくれた先輩達とチーフのお陰だ。

わたしはその先輩達に恩返しができるのかなあ。。

大きな装花が自分でも先輩にもきれいだと言ってもらえるようなものが作れるようになったのは
いつからだなんてわからないけど、
あるとき突然、「あ、いいの作れた」そう思える瞬間があった。

花を作るのも語学の勉強と一緒なのかな、と思う。
あるとき突然、出来るようになって、そしてまた次の段階への階段を登り始めて、
そこにいくまでどれだけ階段があるのかは全く分からないから
一歩一歩 登って行くしか無いんだよね

がんばらなきゃ。

今週末のブライダルフェア、ホテルのバンケットチームとしての最後の仕事。

きっと終わったら号泣するんだろうな。

: 仕事 : 03:21 : comments(1) :
花を扱うものとして
私にはやっぱり花への愛情が足りない

いまの職場には専門学校からずっとずっと花だけで仕事をしてきた人達がたくさんいる
その中で私は技術も知識も全てのことが劣っている
やらなければいけないことはやまほどあるわ。

世間はお盆休みですが、
花屋に休みなんてものはなく。
しかしお盆休みはホテルでウエディングや宴会をする人はほとんどいなく、
毎日仕事はほぼ0に等しい状態だった1週間。笑

今週はずっと、特に金土日は1日かけまくって、1年に1回の大掃除をずっとしてました。

つまり、1週間ほど花にさわっていない!?
という危機的な状況
ただでさえ花の勉強をしないといけないのに・・

ということで 宴会も式もないことですし、余りまくって捨てられるだけの花がやまのようにあったので
ほぼ死んでしまっている花達を集めまくって仕事の後に花束を作りまくってみました。

花が汚いので写真を撮る程でもなく、
作ってそのままゴミ箱へポイなので(笑)写真を撮る暇もないのですが、
いままで私が見てきた花束とは違うスタイルのブーケの勉強には
やはりこのホテル装花室というハイスタイルな場所は合っていると思っています。


でも やっぱり 人生って悩みばかりなのね

花屋になったからいいってもんじゃない

その場の状況に満足していては成長はできないから
今自分の在る環境に満足していなくてもがいているのが成長につながるんだから
たくさん苦しんで悩んでもがいて
成長して行けばいいじゃないか

そしたら きっと 自分の求めている花の仕事ってもんが見えてくるはず

私のやりたい ハナノシゴト って なんなんだろう・・・・


とりあえず 明日働いて、そしたら!
火水木の3連休!

ともだちとキャンプ行ってきます*

先週の休みの海も楽しかった***


: 仕事 : 01:04 : comments(0) :
ブライダルフェア(仕事場の文化祭)
花屋の母の日は 一年のうち一番の儲け時
母の日がいちばん忙しい

ホテルのブライダルは年に二回ホテルで行なわれるブライダルフェアがいちばん忙しい

というか 文化祭だった

わたしは入ったばかりなので先輩方の大変さの10分の1くらいだとおもうが
何ヶ月も前から案を出し合って
式場のあらゆるものを決めて
花のデザインを考えて
試作して
やり直して

まさしく文化祭

ここ1週間、先輩方のお手伝いをさせてもらっていたけど、
発泡スチロールをデザインの型に切ったり
花をさす吸水スポンジを切ったり
器に合わせて花を切ったり花を挿したり
工作してた

そして本番の今日!

せっかくの写真を事務所に忘れてきてしまったのでまた後日写真はアップします

ほんと とってもきれいだった!
そんな会場は大きくないけど、花のデザインはとても素敵だった

もちろん、私はまだ作れないのでなんとも言えないけれども、
色々思う所はあるよね。
花に対して。

うん それはまた今度じっくり書き留めよう

はやく私も作る側に回りたい。


今日はブライダルフェアが終わって、事務所に総勢13名のスタッフが集まり
打ち上げと称した夕食。
うちの仕事場では毎日みんな一緒にお昼ご飯を食べるの
わたしはなんといってもそれが苦手で苦手で。。。
だって5人以上居たらなんかダメなんだもん

だからお昼はけっこう毎日苦痛でしかなかったのだけれど、
今日はすごく なんだろう 温かかった。
その場の空間の持つ雰囲気が。

差し入れに上司が持って来てくださったプリンを選ぶのに13人で一斉にじゃんけんして
1位からベベまでの人が全員プリンを手にするまでに何分かけてんだ?
ってくらいだったけど 終始笑いが絶えなくて。

この職場にいれて 本当に良かったと 思った

だから がんばらなくちゃ!
: 仕事 : 23:51 : comments(0) :
フラワーコーディネーター
今日からの配属に伴い、名刺が変わった

***

○○○(ホテル名) ホテル装花室
フラワーコーディネーター
和田 郁

***

しょっぱなからフラワーコーディネーターって!
かっこよすぎでしょ

さっそく今日友達に自慢しました
ふっふっふ*

ホテル装花のお仕事は、本当に自分のデザインとして 自分の作品として花を扱える
フラワーデザインを作れる
(もちろん私はまだ作らせてはもらえないが)

どんなものを作りたいのか
どんなものが受けるのか
今の流行はどんなものなのか
何を使えば”かっこいい”とされる作品を作れるのか
どう何を魅せたいのか
何を表現したいのか

そんな深いところまで私はまだまだ考えることはできないけれども
ここで仕事ができること
あの場所に居ることができるということ
それだけでも私はものすごく幸せ

人の感性に触れて
自分の感性も磨いていきたい
私が自分の作品を作れるようになるのはいつのことやら
それまでガチで まじでガチで 仕事をしていこうと思う
休みの日は(明日さっそく休みだけど)そのための勉強に全力を尽くす
明日はさっそく勉強勉強!

もうだらけない!
(さっそく今日は友達の給料を聞いてショックでだらけそうだけど)
だらけない!
邪念はいらない!
恋とか好きとか浮ついた気持ちは邪念よ
(でもやっぱり花火は行きたいけど 大好きな子と 行けたらいいけどね 行け”たら”ね)

でも 落ち着ける場所が欲しい というのは嘘じゃない

もちろん
息抜きはしないと私は死んでしまうので
友達に会うのが一番の息抜き。
今日は仕事の後にクライミングして 帰りにチャリンコで帰る際、
手に力が入らなさすぎてブレーキできなくて かなりびびった。

でも明日の夜もやりにいこうかなー
: 仕事 : 00:16 : comments(0) :